中古自動車査定士と呼ばれる民間資格は国が後援している

一般的に、中古車査定業務において査定者が所持すべき国家資格は特にありません。でも、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、小型と大型車に分別されています。技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと取れませんから、この資格を持っていると言うことは、査定スキルが一定以上のレベルにあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。大抵の業者は良心的ですが、数は多くありませんが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、業者の連絡先も繋がらないという詐欺があります。所定の契約手続きをしないで何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。大きな中古車買取店のほとんどが、常時たくさんのキャンペーンを開催していることが多いです。景品などの恩恵は中古車売買時に受け取れるのが一般的ですが、その中には無料査定だけで受け取れるキャンペーンも存在します。具体的にいうと、ネット上の特定のページから無料査定を行ったらポイントと交換できるなどです。査定だけをしてポイントを稼ぎ、買取自体は断ってもOKなので、このようなキャンペーンが開催されているのを発見したら申し込んでみると良いですね。持っている車を売ろうと決心したときには、先ずした方がベストなことと言えば、売却予定の車のおよその査定金額相場を把握することでしょう。相場が分かっていることによって異様に安く買い取りされる危険性を回避することが可能ですし、事前に調べた相場よりも高値で取り引きしようとしてくれる業者にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。インターネット上に中古車の一括査定サイトがあるので、ここで売却予定車の相場の把握をすることが可能になります。買取希望の中古車のおよその査定金額を確認したいときに、インターネットを通して車の一括査定サイトを使って知る手段もありますが、売却希望の車のメーカーサイトで価格を確認するという手段もあるのです。その自動車メーカーのサイト上なら名前などの個人情報を全然記載せずに車種および年式のみで査定金額を知ることが可能なところもあるようですので、一括査定サイトを通して見積もりを出したときのように勧誘の電話攻撃に悩まされることはなくなります。通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、査定額が大幅にマイナスになる要因の一つになるのです。しかし、修理したことがある全部の中古車が修理歴車として扱われるというわけではないのです。車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても通常の修理歴車扱いにはなりません。でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。最近のことですが、中古自動車販売の最大手で一般の方向けの車査定アプリケーションを考案してリリースしていますが、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。たとえ査定業務にあまり携わったことがない人でもこれを使うことによって中古車査定がたやすく出来るようになります。この業務用に開発されたアプリと専用の機械を同時使用する事によって、査定対象車の過去において修理したことがあったかどうかが分かる機能がついているケースが多いです。インターネットを通じて中古車一括査定を実施したいが、個人情報はなるべく公開したくないというときには名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。でも、名前を明かさずに利用可能なのは無料査定までの話です。実査定(実際に査定士に車を見てもらう)を行うときや、車を手放すときには、個人情報を公開しなければなりません。買取業者は「古物営業法」にしたがって、買取をした相手の住所や名前などの個人情報をきちんと記載しなければならない義務があるから致し方ないのです。車買取の査定をするときに、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと査定金額が高くなることが多いでしょう。ただ、最近発売されている車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、最新式のカーナビでない場合には大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、カーナビシステム非搭載の時にはマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、隠して買取査定に出したとしても一瞬で分かってしまうものです。軽い損傷程度で済んでいて、それに相応しい修理が実施されているならば通常の修理車と同様に考えないときもあるので、隠し立てせずに伝えることが必要です。事故などが原因で、もし複数の店舗で買取金額がゼロ円になってしまうと言われた場合には、故障車や事故車を主に扱っている専門業者に見積もってもらうと良いでしょう。

おすすめ⇒高級車 買取